素材の合わせ方

 

ウールを着たくなる寒さです。

しかし、ウールばかりでコーディネートしていると暑苦しくみえます。

見るからにウールのような立体感のある素材感を着るときには、

インナーや上着などを同じような立体感のある素材ではなく、

さらりとした見え方のするポリ系や綿など

シンプルな素材を合わせるとすっきり、かっこよい着こなしになります。

最近普通によく見かけるのが、TVで芸能人が白いTシャツにごつめの上着をはおっていたり、

もこもこした素材などに下はすっきりしたパンツやスカートをはいているなど、

異素材や素材感の違うもので合わせています。

そうすることにより、すっきり感やメリハリができ、しゃれた感じに見えます。

服は1枚を見るのではなく、全体で見てバランスがあえば良し!です。

モール素材と毛足の短い柔らかいウール

 

ストライプのパンツはナイロン素材です。

上はウールのコート、モールのカーディガン、うすてのニットです。

でこぼこの素材ですっきり重ね着しましょう。

 

ニットボレロと綿のコーディロイのうすてのチュニック

まさに異素材です

 

お問い合わせはこちらから
  • にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
  • FC2ブログランキング
  • ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)